スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3S Tweet V1.02.00 リリース !

2011年06月12日

タイムラインをページに分けて管理できる、便利なtwitter クライアントをバージョンアップしました。

twitter の仕様変更により、3S Tweet が使用していた xAuth という認証方法では、ダイレクトメール関係にアクセスできなくなります。 (たぶん、6/30以降)

oAuth という認証方法に変更しましたので、最新版に更新して、アカウントの再認証を行ってください


残念なことに、現在 Marketplace にアプリをアップできなくなっています。
(マイクロソフトの不具合です)

なので、しばらく正式版を Marketplace からダウンロードできませんのでこちらからダウンロードしてください。


oAuth認証手順

0.ダウンロード

NEW_001 1. 本バージョンをインストール後、起動すると左図のようなメッセージが表示されます。

OKし、「アカウント管理」のページを開いてください。
NEW_002 2.アカウントを選択し、編集ボタンをタップしてください。
NEW_003 3.oAuth 認証を行っていないアカウントの場合、左図のように「oAuth認証」ボタンが表示されます。

このボタンを押してください。
NEW_004 4.twitter のページを開き、oAuth 認証を行います。

PIN番号を取得する」ボタンを押してください。

このとき以下のようなメッセージが表示されます。
image
NEW_006 5.Internet Explorer が起動し、Twitter のホームページが開きます。

ここで、ユーザー名とパスワードを入力し、「アプリを認証」ボタンを押してください。

このとき、ユーザー名とパスワードが要求されない場合、ページ右上にユーザー名(アカウント)が表示されているはずですので、そこからログオフしてください。
NEW_007 6.正しく認証されると、数字が表示されます。

この値を記録してから、Internet Explorer を閉じてください。
NEW_008 7.この画面に戻ったら、先ほど記録した PIN番号を入力し、「認証を完了する」ボタンを押してください。

以下のメッセージが出れば成功です。
image

保存ボタンを押して閉じてください。
NEW_010 8. oAuth 認証が成功すると、「oAuth認証」ボタンが消えます。

メニューの保存を押して閉じてください。
  9.複数のアカウントを持っている場合、2?8の手順を繰り返して、すべてのアカウントで oAuth 認証を行ってください。




 

ということで、以上の面倒な手順で再認証をしていただくよう、よろしくお願いします。


また、これだけでは何なので、
GPSを有効にすると、位置情報(住所とGoogle Map へのリンク)を本文に挿入できるようにしました。



なお、本アプリは有料アプリ(100円)です。

こちらからダウンロードできるファイルは『体験版』となっております。
初回利用時から2週間ご利用できます。

体験版のCABファイルのダウンロードは、こちら

ご試用になられて、気に入っていただけましたら正式版をダウンロードしてください。
正式版は、Windows Phone Marketplace からダウンロードとなります。

Marketplace で購入された方も、こちらをインストールすると最新版になります。


インストール先はメインメモリをお勧めします。

Windows Phone は、通信中のSDメモリへのアクセスはどうも不安定なようです。
私も最初はメモリカードにインストールしてましたが、T-01B ではファイルアクセス時に時々リセットしてしまうことがありました。

個体差やメモリカードの差かもしれませんが、メインメモリにインストールしてからはリセットすることはないので、メモリカードへのアクセスは何かあるのかもしれません。

Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。