スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARPのパソコンといえば...

2009年04月17日
私が中学生の時、はじめてパソコンを触りました。

友人に連れて行かれた日立ショップ。
そこにあった、ベーシックマスターJr. というBASIC マシンがそれです。

そして、その後まもなく、再び友人に連れて行かれたベスト電器。
そこで、MZ-80, MZ-2000 という SHARP のPCに出会いました。

そこからしばらくは、SHARP のパソコンばかりを使ってましたね....

MZ-80, MZ-200, X-1, X-1 TURBO....
当時はパソコンは高価でとても手が出せる物ではありませんでした。

どうやって使っていたかというと、
電器屋さんに展示してあるPCを使っていたのでした。

当時は、ベスト電器にしょっちゅう通っていました。
パソコンが4,5台展示してあり、自由に使えるようになってました。

わざわざ椅子も用意してあり、腰を据えてじっくりと触ることができました。

いや、触るどころか、使い倒してましたね。
朝開店から夕方まで、ず~っと居ましたからねぇ...(^_^;;

今なら「パソコンおたく」と言われていたでしょうけど、当時は「おたく」という言葉もなく、
「パソコン少年」のような感じで呼ばれていたような記憶があります。

展示されているパソコンは、子供たちがすべて占拠しており、ゲームをしたり、プログラムを作ったり、自分のPCのように使っていました。
店の人も文句の一つも言わず見守ってくれてましたね。

古き良き時代だったのでしょうか....
まぁ、この子らが親にねだって1台でも買ってくれればという思いもあったのでしょうね...

でも、あれだけ自由に使わせていただき、とっても感謝してます。


ゲームをしたいがために、ベーシックマガジンアスキー『Oh!MZ』などの本を持ち込み、プログラムを入力してました。
バイナリソースが何ページもにわたり掲載されており、友人と二人で
 「01 2A 58 76 1B ・・・・」
などと読み手と打ち込み役に別れて一生懸命入力してましたねぇ...


ベスト電器には、SHARP の MZ-80 と MZ-2000 が計3台置いてありました。
それを使うために開店前に店に行き、開店と同時に走っていってパソコンを確保していましたよ。

このころ覚えた Z80系のアセンブラは、10年後社会人となってからも役に立ちました。


このパソコン熱が高じて、高校生の頃には親からパソコンを買ってもらえました。
当時40万円は超えていたと思います。
はじめてのPCは SHARP の X-1 Turbo でした。

テレビも見れるパソコンということで、一世風靡しましたね。
スーパーインポーズ機能で、PCの画面とテレビ画面を同時に表示できるという、
今では当たり前の機能にわくわくしていたものです。

5インチのフロッピーディスクと、カセットデッキを装備した、最高のパソコンでしたね。



その後、大学の時はパソコンなど高価な物を買えるわけもなく、新しいパソコンは購入しませんでした。
しかし、BASIC の乗った関数電卓、通称ポケコン『PC-E550』などを何台か使ってました。
pc-e550.jpg
いまでいう PDA に近い物ですね。


その後は、しばらくは SHARP の PC を買っていません(会社ではメビウスを使ってました)。
しかし、ここ何年か、W-ZERO3 が出てからは、
ZERO3 の全シリーズ4機種を買い換えてきました!


と、まぁ、
わりとSHARP とは縁があるのです。

今回、メビウスのモニター応募にあたり、思わずむか~しのことを思い出したので、ちょっと書いてみました。


あ~、モニター応募にあたるといいなぁ...
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。